がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【宿泊記】ドーミーイン宮崎 宮崎グルメ満載の朝食が楽しめる宿泊レポ

こんにちは。

 

今回は南九州旅の宿泊記をお届けしたいと思います。

南九州旅と言っても、宮崎県と鹿児島県の2県を巡るだけの旅。宮崎で宿泊するか、鹿児島で宿泊するか悩みました。

どちらにもドーミーインがあり、他のホテルもかなり充実度が高く、選択肢が多くなっています。

今回は宮崎のドーミーインを選択しました。宮崎宿泊を選んだ理由としては、宮崎のご当地グルメです。宮崎に到着してここまでうどんとチキン南蛮を頂きましたが、まだまだ名物があるのが宮崎県。そういうわけで、朝食でご当地グルメがたくさん味わえるドーミーイン宮崎に宿泊することにしました。

そんな朝食の様子も含めてじっくりと紹介していきたいと思います。

 

以下目次です。

 

それではスタート!!

宮崎市街地のドーミーイン

f:id:gawa67tabimaru:20220616085226j:image

前回紹介した宮崎の中心地、山形屋のある交差点からしばらく南下したところに位置しているのが日向の湯ドーミーイン宮崎。

宮崎駅からは約1.2km。約16分ほどの道のりです。

ただ宮崎の中心部にほど近いということもあって、バスで来るという選択肢もあります。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220616085423j:image

チェックインしました。フロントは1階にあり、その奥にはレストランがあるといった構造です。

ちょうど県民割を実施していた期間らしく、チェックインは地元の人が多く混雑していました。

 

ダブルルームの紹介

それでは今回宿泊したダブルルームの紹介をしていきます。

部屋の構造はドーミーインの基本形。ドアを開けると手前に水回りが集まっており、ベッドルームとは扉で仕切られています。

 

まずは手前側から。ドアを開けるとすぐにクローゼットです。

おなじみのドーミーインの館内着です。ドーミーインでは大浴場から夜鳴きそば、朝食までこちらの館内着で過ごすことができるんです。

ハンガーの数も十分です。

 

クローゼットの隣には洗面台があります。この時はまだアメニティがセットされていますが、最近は1階のフロント前で必要なものを取っていくスタイルに改められています。

洗面台の下には冷蔵庫と電気ケトルカップが置かれていました。

 

洗面台の反対側にはトイレとシャワーブースがあります。

ドーミーイン宮崎には最上階に天然温泉の大浴場があるので、シャワールームがあればそれで十分です。

 

中扉を開けてベッドルームです。

部屋全体の広さは14㎡で、その中に水回り等が設置されているので、ベッドルーム自体はそこまで広くは感じません。しかしそれでも十分な広さかとは思います。

 

ベッドルームの壁際にデスクやテレビが設けられています。

ダブルルームということで、ビジネス利用を多く想定してか、デスクは広めに確保されています。

あとはテレビがかなり大きめな気がしました。あと新しめ。

 

テレビ下には大浴場へ持っていくタオル類が置いてありました。

 

ベッドサイドにはチェアと少しものが置けるスペースになっています。

個人的には寝る前にiPadYouTubeを見ることが多いので、iPadが置けるくらいのスペースがあると非常にありがたいです。ドーミーイン宮崎は十分にiPadを置くことができました。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220618152718j:image

最後に部屋からの景色です。

部屋は11階でかなり上の方。北側の宮崎市街地中心部向きでした。

そこまで高い建物が多いわけではないので、見晴らしも良かったです。

 

大満足のドーミーインのサービス

エレベーターの中にあった館内案内をお借りしながら、施設紹介をしていきます。

1階にはフロントとレストランがあります。夜鳴きそばも朝食も1階のレストランで提供されます。

そして最上階の12階に大浴場と湯上りラウンジがあります。

大浴場なんですが、今回の滞在では明るい時間に入ることができなかったので、イマイチ景色が分からずといった感じでした。ただ12階なのでかなり市内がよく見えるのではないかとは思います。

 

こちらは最上階にある湯上りラウンジです。

筆者が訪問する少し前まで、出雲で提供されていたようなトルネードビールが提供されていたらしく、カウンターなどが残る立派なラウンジになっていました。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220616085411j:image

湯上りには瓶牛乳。

宮崎ならではのヨーグルッペあるかなと思ったのですが、なさそうでした。

あとはスコールもなかったかなと思います。


f:id:gawa67tabimaru:20220616085419j:image

そしてこちらは漫画コーナー。そんなに種類があるわけではないですかね。

 


f:id:gawa67tabimaru:20220616085432j:image

f:id:gawa67tabimaru:20220616085415j:image

湯上りサービスの2種類です。

夜はアイス。アイスはバーとモナカの2種類構成でした。

そして朝は乳酸菌飲料。湯上りにちょうどいいサービスをいつもありがとうございます。


f:id:gawa67tabimaru:20220616085507j:image

そしてドーミーインの代名詞夜鳴きそばです。

夜に食べるにはちょうどいいボリューム。今回は特にのっけるものを用意していませんでした。忘れてた…

 

ご当地グルメを味わえる朝食

f:id:gawa67tabimaru:20220610112853j:image

レストラン前には朝食内容を説明するボードが置いてあるのがドーミーイン流。

宮崎のご当地メニューという文字に心が躍ります。


f:id:gawa67tabimaru:20220610112857j:image

ということでこちらが朝食です!

圧倒的宮崎グルメの数々。メニュー数が豊富で迷っちゃうほど多いわけではないのですが、こうやって地元のグルメを楽しめるのは有難いことです。


f:id:gawa67tabimaru:20220610112846j:image

それでは宮崎名物をアップにして紹介。

まず手前にあるのは冷や汁です。ご飯に冷たいみそ汁をかけて食べる宮崎の郷土料理です。

奥の右側には飫肥天ののったうどん。そして左側には、炭火焼鳥とチキン南蛮です。

これらすべてをどこかのレストランで一度に味わうというのはなかなか難しい事とは思います。やはり朝食で一気に食べられるとありがたいですよね。


f:id:gawa67tabimaru:20220610112850j:image

デザートはこんな感じ。ケーキが2種類にどら焼き。みかんゼリーとオレンジです。

他にもヨーグルトや、果物がいくつかありました。

 

 

ということで以上宿泊記でした。

まあ何といっても充実のサービスと朝食。

一度知ってしまうと離れられなくなってしまうのがドーミーインの魅力です。

最近ではどの都道府県でも県民割を実施していますよね。近隣県におでかけして、ゆっくりとドーミーインでホテルステイを楽しむなんてのもいいかもしれませんね。

 

次回は2日目。鹿児島へと移動していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。