がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【旅行記】断崖絶壁の孤島・南大東島を巡る 〜塩谷海岸プール・バリバリ岩〜

こんにちは。Kです。

 

最近サボり気味でしたが、しっかり書いていこうと思います。

前回に引き続き南大東島を観光します。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115144826j:image

重要なことなので何度も言いますが、南大東島は基本的にはこの光景が続きます。

 


f:id:gawa67tabimaru:20220115144858j:image

f:id:gawa67tabimaru:20220115144855j:image

やってきたのは塩谷海岸プール。

南大東島は島の周囲がほとんど断崖絶壁となっているため、砂浜というものがありません。人工的なくぼみに海水を入れて、そちらで海水浴をすることになります。

ちなみにめちゃくちゃ滑ります。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115145101j:image

レンタルバイク屋の方に「昼飯食べるなら早めにしときな」といわれたので在所に戻ってきました。

こちらは南大東島の最大手企業「大東糖業」です。本社は那覇にあり、こちらは製造拠点だそうです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115145044j:image

さとうきびは島を守り、島は国土を守る」

この標語は島のあらゆるところに書かれています。言ってることは最もなのですが、社会主義国の標語のようなものを感じましたw


f:id:gawa67tabimaru:20220115145123j:image

こちらはJA。島のスーパーには値札がついてないものがちらほらあって怖いのですが、JAのものにはほとんど値札がついていて安心です。

ちなみに、クレジットカードが使えます。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115145053j:image

ランチはホテルよしざとの目の前にある「いちごいちえ」で大東そばのセットをいただきました。1000円。

味は沖縄そばに似ているのですが、麺がうどん並に太い。

セットの大東寿司はワサビがほんのり効いてて美味い。那覇空港で買った大東寿司はもっちりしていましたが、こちらはそうでもありませんでした。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145118j:image

しばらく走ります。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145050j:image

やってきたのは「バリバリ岩」

南大東島の数少ない観光名所の一つです。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145047j:image

立派な看板もあります。

大東島は自然由来で手付かずのスポットが多いので、あまり沖縄という感じがしませんね。どちらかというと北海道のような感じ。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145113j:image

獣道(?)を歩いて行きます。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145110j:image

階段を降ります。階段といっても石が段々に積み重なっているだけなので、慎重にいきましょう。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220129234934j:image

1番下までやってきました。両脇が岩壁というなかなか珍しいシチュエーションに出会えます。ありそうでないですよね。心なしか少し涼しいです。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145055j:image

南大東空港に戻ってきました。上陸した際にはすぐ送迎のバスに乗ってしまったので、まともに見れなかったのです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115145120j:image

とはいえ、そこまで大きい空港ではないので紹介することもあまりありません。

一階の売店ではお土産や飲食物が売ってます。また、カフェのようなものもありましたが閉まっていました。

余談ですが、南大東島に存在するエレベーターは空港とホテルよしざとのもののみだそうです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220115145107j:image

10分ほどで空港を出ます。おじゃりやれ〜。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145115j:image

空港で大東寿司を買いました。600円。


f:id:gawa67tabimaru:20220115145058j:image

ご馳走様でした。食べ終わってから気づいたのですが、保存方法が「25℃以下で保存」になっていました。伊達に漬けにしてないですね。

 

以上です。地形や食など、今まで見たことないタイプのものが目白押しで新鮮でしたね。

 

次回も引き続き南大東島を巡ります。

最後までご覧いただきありがとうございました。