がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【搭乗記】JAL羽田青森 搭乗レポ

こんにちは。

オリンピックどうなるんですかね。延期するとなるとどんだけの影響が出るんでしょうか。選手村は1年間放置?とかボランティアは再募集するのかとか。大変そうです。

 

さて今回からは新シリーズ。

題して青森秋田の旅です。実は青森県、通過しただけでしっかりと観光したことがなかったので秋田県とくっつけて巡ってきました。

行程は1泊2日で青森、秋田、山形と徐々に南下していきます。

 

そして今回は行きに乗った羽田青森線の搭乗レポです。

東京青森は新幹線も通っており競合している区間ですね。

新幹線だと3時間半程度で1万8千円ほど。

一方飛行機では1時間20分で、ウルトラ先得を利用して8890円でした。

早く買えれば飛行機の方が安いといった所です。

 

今回搭乗した便はJAL141便。羽田を7:50に出て青森到着が9:10という便です。

 

それではスタート!

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323150432j:plain

またまた羽田空港24番ゲートです。

ここを使うのは3度目です。保安検査場から一番遠いので 正直もう勘弁してほしいです…

スカイマークは一度も使ってないのに24番ゲートだらけ…

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323151200j:plain

機材はもうこちらも定番ボーイング737型機です。

JALで羽田から大きな都市以外の地方に向かうときはだいたいこれですね。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323151721j:plain

搭乗開始は15分前。優先搭乗の上級会員はそれほどいなかったように思います。

座席は32Kで、進行方向右側の窓側の座席です。

隣はたしか釧路行きの飛行機だった気がします。

今回の搭乗率は50~60%くらいでしょうか。前方は混んでいましたが、後方はガラガラでした。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323153340j:plain

搭乗した時においてあった飴をいただきました。

いろんな味があってこれは勝手にもらっていって大丈夫なのでぜひ。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323153816j:plain

ほぼ定刻通りに動き始めました。24ゲートは後ろ向きに動く時間が結構長いです。

ほんとにターミナルの端っこなんですよね。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323154307j:plain

東北方面ということでC滑走路からの離陸になります。

着陸機を待ってからの離陸になりました。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323155104j:plain

着陸機を見送り離陸します。

だいたい羽田空港南行きの方が混んでいるので待つことがありますが、北行きは到着機待ちがなければ結構スムーズに離陸することができます。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323161425j:plain

離陸しました。

今回は右側の座席なので東京都心の景色を見ることはできませんでした。

逆に東京湾がよく見えました。さすが東京湾、船が多かったです。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323162107j:plain

離陸直後羽田空港が後方に見えてきます。

羽田空港を上から見ることってなかなかないと思います。

ここからでも無数の飛行機がいることがわかります。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323162508j:plain

離陸した滑走路上にはすでに次の飛行機が滑走を始めています。

とてつもない頻度ですね。やはり羽田空港です。

ちなみにこの時はまだ需要減退による減便は発生してなかったと思います。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323162731j:plain

幕張が見えてきました。

丸い形のzozoマリンスタジアムとその横の幕張メッセ。空の上からでも目立ちます。

この付近で進行方向を北向きに変えて青森を目指していきます。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323163500j:plain

出発してから20分ほどで眼下に何かの空港が見えてきました。

何の空港なのか全く不明です。まだ関東だと思うんですがね。茨城空港霞ケ浦が見えるはずなので違いますね。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323164053j:plain

ドリンクサービスは出発後30分ほどでありました。

いつも頼んでいるスカイタイムを注文しました。写真めっちゃ黄色く見えますね。

フライトレーダーで現在地を確認したところ栃木県上空ですね。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323164424j:plain

ドリンクサービスの数分後どこかの街が。

真ん中の盆地に新幹線と思しき駅があります。全くどこかはわからず。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323164904j:plain

結構早くスカイタイムを飲み終えたら、おかわりいかがですかといわれましたので、お言葉に甘えてコンソメスープです。

冬の飛行機であったかいのを飲むのもなかなか良かったです。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323165422j:plain

再びどこかわからない山です。

結構しっかりと火口が見えるので特定できそうです。

けっこう近くに感じたので高い山っぽいです。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323165627j:plain

山形上空です。左隅に山形空港が見えています。

実はこの旅行帰りは山形空港から飛行機で帰るので青森からここまで戻ってくることになります。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323165846j:plain

山形を過ぎると完全に雲の上に入ってしまいました。

晴れてれば田沢湖や八幡平などが見えたかもしれないです。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323170116j:plain

出発から1時間、9時前に降下を開始しました。

雲はそこまで厚くなく、そこまで揺れることはありませんでした。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323170333j:plain

雲をぬけると山でした。どうやら青森空港の北側から進入していくようでした。

山には雪がしっかりと積もっていました。3月1日とは言え東北なので寒そうです。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323170717j:plain

山を見ていたら突然開けて青森市街が見えてきました。

建物が密集している様子を見ることができます。遠くには青森のシンボルであるアスパムも見ることができます。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323170940j:plain

どうやら青森空港は山の上にあるみたいです。

雪の積もり方が平地と山で大きく違っています。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323171219j:plain

青森空港に到着しました。

山の上ということもあってか雪は結構積もってます。

ちょっと雲も近くにある感じがします。

 

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323171448j:plain

青森空港にはすでにフジドリームエアラインズの機体が止まっていました。

フジドリームエアラインズは名古屋や静岡など中部地方を起点に全国の地方に飛ばしている航空会社です。

この飛行機の方が大きいので、すこし小さめに見えます。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323171759j:plain

降機しました。9:10にこの写真を撮っているのでほぼ定刻通りの到着になりました。

この飛行機は折り返しの羽田行きになります。

 

 

f:id:gawa67tabimaru:20200323172232j:plain

最後に今回の航路です。

羽田を出発し、北に向きを変えたら一直線。

右手には太平洋側の地域、左手には日本海側の地域と、どちら側に座っても楽しめる路線だと思います。

 

 

 

ということで今回はここまで。

青森って実際には飛行機なのか新幹線なのかどっちが人気なんでしょうか。

個人的には新幹線だと時間かかりすぎかなとも思いますが、空港アクセス考えたら微妙ですね。

 

次回は旅行記にしようかと思います。

青森観光はあまりお金を掛けずに行ったので内容は薄いかもしれないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。