がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【搭乗記】貴重な白ファースト JAL福岡羽田 B767ファーストクラス搭乗記

こんにちは。Kです。

 

今回は、福岡旅行の帰りに767のファーストクラスに搭乗したので、そちらの搭乗記を書いていこうと思います。

 

その旅行記についてはいずれ出るはずなので気長にお待ちくださいw

 

f:id:gawa67tabimaru:20220208153310j:image

福岡のJGC・Fカウンターです。

地下鉄の改札から普通のJALカウンターは歩くとそこそこ遠いのですが、このカウンターは便利ですね。

 


f:id:gawa67tabimaru:20220208152915j:image

f:id:gawa67tabimaru:20220208152918j:image

DPラウンジに入りました。

博多いもっ子屋のおにぎりや三日月のクロワッサンなどが置いてあります。

おにぎりは「鶏飯」と「高菜」で九州らしいものが揃っています。この二つも変わり種ではあると思うのですが、個人的に羽田DPの麻婆味に勝るものはないと思います。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220208153128j:image

9番搭乗口から搭乗。ラウンジから遠いです。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153133j:image

(写真下手すぎか)

そしてこれが貴重になった白ファーストクラスです!古いとはいえ、高級感としてはこちらの方が勝っているのではないでしょうか。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220225221940j:image

A350はこんな感じ。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153141j:image

福岡空港って本当に街に近いですよね。

誘導路から信号の光が見えるなんてことそうそうないでしょ。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153136j:image

あっという間に離陸。またね福岡!!

 

f:id:gawa67tabimaru:20220225222831j:image

テーブルはこんな感じで出てきます。

一枚テーブルなのでめちゃくちゃデカいです。また、なかなか出しづらく、CAの方でも難儀されていましたね。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153139j:image

おつまみとドリンクが出てきました。ドリンクは「守破離 ID164」という日本酒です。

IDは田んぼのナンバーだそうですよ。お酒に詳しいわけではないので人並みな感想ですが、お米の甘みがする美味しいお酒でした。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153131j:image

食事が登場。メインは鳥のカレー煮です。

わかりやすく美味しいメニューですね。

御飯は京都の「京式部」。正直よくわかりませんがJALのファーストで出てくる白米はだいたい美味しいです。私は初めてファーストに乗った時から青天の霹靂のファンになりました。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220208153300j:image

今回の搭乗で1番驚いたのはこのドリンク。JALのおすすめドリンク「京都宇治玉露 玉兎(たまうさぎ)」です。アルコールに飽きたので飲んでいたのですが、1番驚くのは値段。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220301061611j:image

なんと220mlで1080円もします。なんとなくですが、普通のミニペット茶の10倍くらいの価値です。

何も考えずに3本くらい飲んだのですが、後から値段を知って驚愕しました。8本飲んだらファースト代元取れちゃう。

味はもう、何も考えずに3本はいける味です。

 

f:id:gawa67tabimaru:20220208153258j:image

お決まりのラーメンですかいを頼みました。毎回私から注文の連鎖が起きるのですが、767のファーストクラスが少ないためか、今回は私だけでした。

食べ終わった直後にシートベルトサインが点灯。あぶねえ。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153303j:image

たぶん三浦半島です。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153253j:image

羽田に着陸しました。鬼の編成風に乗ったため、随分早着しました。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153255j:image

親の顔ほど見たビデオをそれほど見ないうちに降機します。ファースト最高。


f:id:gawa67tabimaru:20220208153306j:image

せっかくなら真ん中に座ってみたかったなあとも思いますが、貴重な白ファーストに乗れただけで十分良い経験でしょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

watabimaruga.hatenablog.com