がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【宿泊記】御宿 野乃 京都七条 京都駅近の和風ドーミーイン 禁煙ツイン

こんにちは。Kです。

 

今回は、今年1月にオープンした和風ドーミーインプレミアム「蓮花の湯 御宿野乃 京都七条」に宿泊してきましたのでそちらのレポをしていきたいと思います。

 

今回のプランは一泊二日朝食付き 禁煙ツイン(眺望なし)2人宿泊です。

 

料金は一休のセールで12160円。ここに宿泊税と入湯税が350円/人。すなわち、一人当たり6430円です。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174038j:image

京都駅の中央口から徒歩7分で到着。

 

めちゃくちゃデカい。

ドーミーイン系って縦長のイメージがありますが、縦にも横にも長いです。9階建だったと記憶しております。


f:id:gawa67tabimaru:20211117013823j:image

エントランスから雰囲気全開。優雅ですね〜。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174043j:image
入り口では川(?)が流れており、どことなく和の雰囲気が流れています。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174055j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174052j:image

フロントです。野乃は全館畳敷なのが特徴の一つです。

そのため、靴は玄関に置いていきます。

また、スーツケースを利用している場合はスタッフの方が車輪を拭いてくれます。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174153j:image

最近、ドーミーインのおしぼりサービスは全てセルフになったようですね。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174209j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174207j:image

こちらはロビーです。

ウェルカムドリンクが準備してあります。

さすが今年オープンの宿。コーヒーマシンも何やら立派です。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174356j:image

部屋に入りました。普通のツインなのでそこまで広くはないです。

 

変わった枕が用意されています。
f:id:gawa67tabimaru:20211112174401j:image

テレビも新しそうなものが設置されています。

下に収納されているのは温泉用のカバンですね。普通のドーミーインにもこれ欲しい。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174451j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174449j:image

机にはなんとよーじやの鏡がありました。

やはり京都のホテルということもあり一々オシャレです。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174414j:image

ちょっと腰掛ける椅子もあります。こちらも畳敷で座布団。芸が細かいですね。


f:id:gawa67tabimaru:20211114020627j:image

USB電源はなんと4口もあります。さすが令和のホテル。抜かりなしです。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174406j:image

御宿野乃は和風ドーミーインプレミアムという位置付けなので、「プレミアム」の要素であるミネラルウォーターと季節のフルーツも完備。

リンゴ、キウイ、オレンジが入っていました。

 

f:id:gawa67tabimaru:20211112174404j:image

いちいち素敵なんだよな。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174426j:image

新しいドーミーインあるあるの混雑情報もしっかり映ります。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174512j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174515j:image

水回りです。

最近のドーミーインはシャワーブースに座る場所が設けられがちですね。

 

また、トイレにも和の装飾があります。ペーパーがダブルなのもありがたい。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174526j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174523j:image

洗面台です。アメニティも一式完備。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174421j:image

エレベーターは4機もあります。滞在中、一度も待ちませんでした。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174419j:image

こちらが野乃京都の温泉「蓮花の湯」です。長い廊下を抜けていきます。

 

f:id:gawa67tabimaru:20211112174416j:image

廊下の途中にはマッサージチェアが3機あります。なんと無料。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174411j:image

入浴してきました。大浴場は中に階段があり、二階建てでした。

打たせ湯、檜風呂、壺湯などの様々な種類の温泉があり、朝風呂に行きたくなるような浴場でしたね。

 

もちろんサウナもあります。100℃くらいのドライサウナ。水風呂は11〜13℃で非常に冷たいです。

サウナ6分 水風呂30秒 外気浴5分を3セットやりました。キモチェ〜!

 

f:id:gawa67tabimaru:20211114011032j:image

湯上りラウンジには水とアイスが置かれています。

私が宿泊してきたドーミーイン史上最多のアイスが並べられていました。

 

いや、本当に縦に並んじゃって、、すごいですね。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211114011807j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211114011805j:image

何度も言いますが、やけに優雅です。

そして廊下が長い。

 

f:id:gawa67tabimaru:20211112174631j:image

そして同じ夜鳴きそばです。大盛りコール。

こちらは普段と変わらないと思いきや、なんかどんぶりがオシャレな気がする。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174656j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174654j:image

レストランも撮影してみました。やはり、規模に見合った大きさですね、非常に広いです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20211112174634j:image

ということでそちらのレストランで朝食です。

目玉をいくつか紹介していこうと思います。

 

まずはこちらの海鮮丼。いくら、漬けマグロ、しらすズワイガニが並んでいます。

 

湯葉海鮮丼なるものがあると聞いていたのですがありませんでした。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174746j:image

こちらは天ぷら。抹茶塩をかけて召し上がれ。

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174831j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174834j:image

こちらはスイーツ&ドリンクコーナー。グラスが冷えてます!

 

ラインナップも魅力的です。抹茶プリンに抹茶ケーキ、わらび餅まで。何とまあ素敵。

 

f:id:gawa67tabimaru:20211112174628j:image

とりあえず一通り取ってきてみました。美味しいの渋滞が起きてます。

湯葉や茶碗蒸し、京漬物などの京都らしいものから、普通のホテルらしいメニューまで揃っています。

ズワイガニがほぐし身ではないのがポイント高いですね。

あと、これは全国のドーミーインに言えることですが、エビがデカいのが良い!

大体のホテルのエビフライは小さくて物足りないものが多い中でこの大きさは間違いなくアイデンティティですね。


f:id:gawa67tabimaru:20211112174814j:image

色合いが素敵〜♡

 


f:id:gawa67tabimaru:20211112174853j:image

f:id:gawa67tabimaru:20211112174856j:image

ドリンクコーナーにはなんと辻利の抹茶が!これはもう優勝ですね。

冷たいのは宇治茶です。

 

こちらの朝食、なんと2500円です。

同じく海鮮丼が出るドーミーイン札幌が2000円、ラピスタ函館ベイが1900円(じゃらん参照)であることを考えると少々お高い気もしますが、この内容ならば無料みたいなもんですね(?)

 

以上です。

比較的新しい野乃ということで大変期待しておりましたが、その期待をしっかり上回ってきましたね。

 

畳敷は非常に楽でしたが、唯一のデメリットとして、レストランの床に米粒などが落ちていた時に踏んでしまうとめんどくさい点ですね。これについては、フロントに言えばスリッパやら足袋などを貸してくれるそうなのでそちらで対応しましょう

 

京都駅近ということで非常におすすめのホテルです。是非。

最後までご覧いただきありがとうございました。