がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【旅行記】沖縄へ弾丸日帰り旅をしてみた話

こんにちは。

日帰り旅って近くならいいけど遠くだともったいないかなというイメージがあったのですが、やってみると意外に充実していて楽しかったです。

 

今回はそんな弾丸日帰り旅の様子を書いていきたいと思います。

就職活動真っ只中の4月中旬。土日は基本的に選考がないので、思い立って沖縄に向かうことにしました。

何やら那覇行きの航空券が1万円を切っていると風のうわさで聞き、さらに友人がJALの上級会員デビューを飾ったので、ラウンジデビュー戦も兼ねて、那覇への弾丸旅が決定しました。

旅の3日前に決まるという超が付くほど唐突な旅。

筆者は金曜に大学の授業があり、そのまま浜松町に宿泊し、翌日沖縄へという憧れていた行程を実行することにしました。

今回は素材もそこまでないので、1日をぎゅっとまとめてお届けしたいと思います。

 

それではスタート!!

f:id:gawa67tabimaru:20210530095343j:image

朝6時半の羽田空港。土曜日ということもあってかそこそこな混雑具合でした。

今年初めての飛行機。昨年は飛行機に乗り倒してたのに今年は打って変わって4月に初搭乗になりました。

やはり空港に来るのはテンション上がります。乗る予定がなくてもテンション上がりますけど。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095421j:image

そして念願のサクララウンジに潜入。飛行機を見ながらジュースが飲める。最高の空間ですねこれ。本領発揮は国際線のラウンジなんですけどね。

ビールも飲めますが、筆者はそこまでビールが得意ではないので、ジュースで。

自分も早く修業したいと強く思いました。お金貯めなきゃ。

ちなみにラウンジ内も結構混雑していました。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095356j:image

昨年11月以来の久々にフライトはその時と同じく那覇便です。

そしてA350でのフライトということでワクワクが止まりません。

個人モニターが付いていて、窓側でなくても外の景色が楽しめるし、機内は静かだしの最新機種です。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095346j:image

那覇線はほぼほぼ海の上を飛んでいくので景色を楽しめる時間もそこまでは多くなく、結局タブレットにダウンロードしてきたアニメを見てました。

そして機内サービス。新しくなったスカイタイムを初めて味わうことができました。

筆者前作のキウイが大のお気に入りで、リニューアルした時は少しショックだったのですが、新作のスカイタイムももぶどうも結構おいしくて気に入りました。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095400j:image

搭乗から約3時間ほどで沖縄の那覇空港に到着しました。

修行ならまだしも、普通に日帰り旅で沖縄となると往復の時間があまりにもかかりすぎて、滞在時間が他の場所と比べると減ってしまうのでもったいなさは感じてしまいます。

筆者は今回、沖縄土産を買いこむことと、飛行機に乗ってラウンジに入ることが目的だったので、それが達成でき満足の方が大きいです。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095411j:image

那覇空港に到着して、レンタカーを借りるともうすでにお昼時。

お昼ご飯は沖縄のステーキ。

これにご飯やサラダ、スープがついて1200円くらいでした。安い。

沖縄料理もいろいろと種類があるので、来るたびに悩んでしまいます。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095353j:image

途中那覇市内を走っていた時に見つけたのがこちら。

星野リゾートのOMO5那覇が出来たんですね。5月13日にオープンしたばかりで、写真を撮った時はまだオープン前だったようです。

OMOは旭川で宿泊した際に大満足だったホテルなので、那覇にきたら泊っておきたいです。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095418j:image

昼食後はサンエーにて沖縄土産を大量に買い込み、A&W にて休憩。

エンダーといえばオレンジジュースとカーリーフライ。

沖縄のオリオンがWATTAという缶チューハイを販売しているのですが、それがエンダーのオレンジとコラボして、この旅の4日後くらいから発売したんですよね。

めちゃくちゃ飲みたかった。次行くときはあるかな…

 

f:id:gawa67tabimaru:20210528193032j:plain

エンダーを後にして瀬長島へやってきました。

11月に来たときよりも長居してじっくり楽しむためにやってきました。

この日は那覇に到着した直後、豪雨の状態だったので天気がめちゃくちゃ不安でしたが、瀬長島へ来た頃にはこの天気。

暑いくらいで完全に夏の気温でした。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210528193258j:plain

那覇空港は滑走路が2本あり離陸用と着陸用で基本的には分けられて使用されています。

瀬長島からはどちらの滑走路も見ることができるのですが、写真の第1滑走路発着便の方が近く見えるんですよね。

瀬長島では長い時間滞在していろんなとこから飛行機を撮ってきたので、また別記事で紹介しようと思います。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210530095408j:image

瀬長島を出て那覇空港に戻ってきました。

少し早いですが夕食は那覇空港内にある空港食堂でいただくことに。

注文したのはポークたまごそば。ポークたまごをおにぎりではなく沖縄そばに載せるのが画期的過ぎますね。沖縄そばもポークたまごも味わえる一石二鳥の夕食でした。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095403j:image

日帰り旅ということでこの日は早朝5時起きったので、さすがに疲れが出てきます。

そこでラウンジ使えるというのがほんとに快適でした。

そして那覇空港サクララウンジではグァバジュースがありました。

こういうご当地の色が出ている飲み物が置かれているのは嬉しいポイントですね。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095415j:image

すんなり終わると思っていたのですが、まさかの遅延。

機材不具合が発生し最初は50分遅れだったのですが、この後の後続便が欠航、後続便が那覇から羽田へ向かう最終便だったためその乗客を受け入れるとかなんとかで、

結果的には1時間40分ほどの遅れで那覇空港を出発しました。

機内の雰囲気が少し悪くなるんじゃないかと心配していたのですが、そこまでトラブルはなかったようでした。土曜日ということもあったのかな、よかった。


f:id:gawa67tabimaru:20210530095349j:image
無事羽田空港へと飛んだんですが、羽田周辺は大荒れの天気。

さすがに着陸することはできましたが、ゴーアラウンドしないかドキドキ。

しかも機体は揺れに揺れるという、ドキドキが二重に襲い掛かってきた帰り道でした。

なんだかんだ無事に日帰り旅を実行できたのはよかったです。

 

 

ということで沖縄弾丸日帰り旅でした。

そもそも急遽決まったってことでしたが、満足度は非常に高い旅になりました。

やっぱり沖縄楽しいですねぇ。ただ1泊したかったのは本音ですけどね。

前回は行程がタイトだったうえに入院しちゃったり、今回は日帰りってだけでなく飛行機めちゃくちゃ遅れたりと、ばたばたしてる沖縄旅が続いてしまってます。

今度はゆっくり訪れて、離島なんかも行ってみたいなんて画策しています。

 

日帰り旅シリーズもう少しやってみようかなと考えてはいたのですが、それを実現できないうちに就職活動も峠を越えて、ゆっくり旅に出る時間もそろそろできそうです。

ネタ切れの前に旅に出れるように、何とか計画もしているので、最新作はもうしばらくお待ちください。

 

次回はこの日帰り旅の瀬長島での様子を書いていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。