がーわのたびレポ

備忘録の役割も兼ねた旅行記です。少しでも参考になればと思います。

【旅行記】2020秋 沖縄エキスポ旅‐延長戦⑪ 那覇空港で室内から飛行機を見る

こんにちは。

レポートが終わらない!!ここまで溜め込んでたのも悪いんですけどね…

1日中パソコンと向き合っております。

 

沖縄旅の投稿開始から1ヶ月、今回で最終回になります!

年末の総括記事のための中断や、1月に入ってスローペースでの投稿になる等ありましたが、ついに最終回にたどり着くことが出来ましたー!!

色々あった沖縄旅。まとめはラストに書きますね。

今回は那覇空港へ向かい、新しくなった那覇空港を少々楽しみ、羽田へと帰りたいと思います。

羽田への帰りのレポはありません。混雑していたのと、通路側での指定をお願いしていたことで、写真を撮れるタイミングがありませんでした。

 

それでは最終回、スタート!!

f:id:gawa67tabimaru:20210127084155j:plain

那覇OPAにてジェラートを味わい、那覇空港へとやってきました。

土曜日の昼下がりといった時間帯ですが、空港内は空いていました。

この時期はgotoも使える時期だったので、そもそも便数も少ない時間帯ということが空き具合に影響していたのではないかと思います。

欠航便はそこまで多くなかったです。今は再び増えているようで、心配ですね…

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084242j:plain

こちらは那覇空港にあった自販機。

誘惑がすごいラインナップになってます。

逆にいうと、那覇空港の中でも沖縄は存分に楽しめるようになってますね。

よく修行と呼ばれる、航空会社の上級会員になるために那覇と羽田を往復しまくっている方がいますが、その方達にとって空港から出ずに沖縄を味わえるのはいいことですよね。

筆者もいつか修行したいんですけどね…

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084522j:plain

さてそんな那覇空港の中でも、リーズナブルな値段で沖縄料理を味わうことのできるお店を紹介したいと思います。その名も空港食堂。

まんまですね。空港の職員さん用の食堂にも見えますが、一般客も利用することができます。

安くて、メニューの種類が豊富という点でお勧めです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084605j:plain

食券式なあたりが食堂感ありますよね。

メニューは沖縄そばゴーヤーチャンプルーをはじめとしたチャンプルー系、タコライス沖縄そばの麺を使った焼きそばと沖縄料理が並びます。

大衆食堂には必ずあるカツ丼やカレーももちろんあるので、いつ来ても飽きないようになってますね。

値段も600〜700円台と空港という立地から考えるととても安くなってます。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084645j:plain

筆者が注文したのはポーク玉子定食。

スパムと卵焼きの定食です。これがうまい。

ポーク玉子おにぎりの定食版ですね。

これで650円。味も値段ももう文句なし!

那覇空港でご飯を食べるなら一番におすすめしたいお店です!

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084742j:plain

腹ごしらえが終わったので、那覇空港を散策します。

お土産もたくさん売っているので、ここで買うのもありだと思います。

ただ筆者は最近お土産を持ち歩くのが嫌なので、旅行中に購入し、スーツケースやリュックなどにすでにパッキングして空港に向かうことが多いです。

あとは空港は少し高いとも言われてます。

沖縄の場合国際通りやスーパーで十分にお土産を購入することができるのでそちらをおすすめします。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127084908j:plain

那覇空港にはもちろん展望デッキがありますが、風が強いそして時期にもよりますが、日差しが暑い。沖縄ですから当たり前です。

となると涼しい屋内で飛行機を眺められればな…と思うのは当たり前。それが叶うのが那覇空港です。

4階のレストラン街のど真ん中に駐機場に面した大きな窓があり、ここからならバッチリ飛行機を見ることができます!

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127085024j:plain

那覇空港の名物は飛行機のお尻の部分が見えるところではないでしょうか。

ターミナルビルの形がコの字型に建っており、飛行機の状態によっては、写真のように奥へと入ってくる場合があります。

筆者の記憶上ではこの景色が見られる空港はそうないと思います。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127085235j:plain

那覇空港は2019年にリニューアルされ、国内線と国際線のターミナルを繋ぐ連結ターミナルがオープンしました。

その連結ターミナルにはフードコートがオープン。

マクドナルドや吉野家はなまるうどんなどフードコートっぽいお店が軒を連ねています。

ここの吉野家タコライスがあるんですよね。レア。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127085404j:plain

フードコートにはポーク玉子おにぎりの専門店があるのですが、こちらは需要減退のため臨時休業中でした。

本当は購入して帰りの飛行機の中で食べようかななんて構想をしていたんですけどね。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127090016j:plain

連結ターミナルには国内線のボーディングブリッジが増設されています。

その恩恵を受けているのがピーチやスカイマーク、ソラシドエアなどの大手以外のキャリアだと思います。

沖縄線に新規就航が相次いでいる航空会社達です。

特にスカイマーク那覇下地島線は是非乗ってみたいです。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127090148j:plain

連結ターミナルのフードコートからも飛行機を見ることができます。

国内線よりも北側からの眺めになるので、滑走路を離着陸する飛行機も見え方が異なってくるかもしれないですね。

写真のようにANAJALも大型機を飛ばしているのが沖縄らしさを感じました。

 

f:id:gawa67tabimaru:20210127090419j:plain

こちらの連結ターミナルには多くのチェックインカウンターが増設されました。

沖縄はインバウンド需要がものすごく、前回来た3年前は至る所に外国人がいたんです。

恐らくその需要に応えるための空港施設の増強だったはずです。

ここまで機能しないとなると少し寂しさがありますね。

 

この後、飛行機に乗り羽田へと帰りました。

体力的な不安があったので、通路側の上で隣に人がいないところを指定させていただきました。JALさんには感謝です。

ただこの時人生初の羽田新ルートでの着陸でした。ちょうど暗くなっていた時間帯だったので窓に張り付いて見たかったのですが、またリベンジですね。

 

ということで沖縄エキスポ旅と入院生活はこれにておしまいです。

色々あった旅ですが、一番感じたのは沖縄って楽しいってことです。

ご飯も全くちがうし、気温も違うし、なんとなく日本ではないような気がしてしまいます。

海外旅行に行けない時期にはちょうどいい観光地なのではないかと思います。

今後沖縄に行く予定はありませんが、沖縄戦琉球王国などその歴史を学ぶ機会が欲しいなと感じています。

また違った角度からの沖縄観光として計画していきたいですね。

 

さて新シリーズを始めたいところですが、少し単発の記事を書いて、その後沖縄旅の前に行った山陰山陽旅を書いていきたいと思います。

果たしてストックはいつまで持つのか、ストックのあるうちに就活を終えられるのか、乞うご期待です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。